2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2005.06.15 (Wed)

Tequila!

20050615181133


 去る6月11日六本木ラフォーレにて行われた「ロッキン・オブ・エイジズ」というイベントに行ってきました。稀代のマンドリニストたろう君率いるフローズンホットドックスのオープニングアクトから始まり、日本を代表するアコースティックプレイヤー5組が一堂に会するというなんとも贅沢なイベントでした。このイベントについては誰か他の人がきっと書くと思いますんでおいといて・・・(でも内田勘太郎さんを生で見れたのはホントに幸運だったなぁ。勘太郎さんのギターはごっつい黒人ブルースマンにまったくひけをとらないぐらい力強いのはもとより、ジャズでもなんでもやっちゃうから流石でした。)

 で、その早々たるメンバーのトリを飾ったのがTequila Circuitだったわけですが、みなさんよりも一足お先に新作CDを手に入れてまいりましたよ。前回のライブアルバムから実に6年ぶりの新譜。ホントに首を長~くして待ってました。
 気になる中身の話の前に、まずはジャケットから。このジャケットがまたセンスいいんですよ。表の水彩画ももちろん、ブックレットの写真とか、Shimeさん画のイラストとか、なんともウエストコーストっぽくて、みなさんの思い出が込められてる感じがします。そしてなんかほんわかとやさしい気持ちを感じるんです。
 そしてCDをかけると・・・1曲目の"Love The One You're With" 1曲目からかなりゴキゲンです。かっこいい。2曲目からはぐっと落ち着いた感じで進んでいきますが、メロディーが繊細で綺麗な曲が多いっていう印象です。特にジョン・ハートフォードの"In Tall Buildings"は聞いてるとなんか子供のころの夕暮れ時を思い出しちゃうような不思議と懐かしい曲。他にもおくさわさんがカルメン・マキさんの歌を歌ってたり、Shimeさんが遠藤ミチロウさんの歌を歌ってたりして、これもまた味わい深い。きっといろんな思い入れのある曲なんだと思います。

 前作のCDは歌詞の間違いが分かるぐらい聴きましたが、以前に比べると今回のShimeさんの歌声はつややかさやかっこよさ、せつなさに加えて、なんだかとてもやさしい感じがしました。やっぱりがんばるお父さんだからでしょうか。しかも妙にライブっぽいなと思ったらほとんど一発撮り(というか一回撮り)だそうです。ワンテイクでこの完成度の高さですから、とんでもないバンドです。

 そんな生のTequila Circuitをそのままつめこんだ最高のCD。絶対お勧めです。ぜひとも聴いてみてください。
スポンサーサイト
18:10  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

行きたかったなぁ

「観たいライブ候補」にはあがっていたのだが、別の用があって行けませんでした。参加者の顔ぶれ、イイよねぇ。

ところで9月のハイドパークは行かれるんですか?
swing51 |  2005.06.19(日) 09:17 | URL |  【編集】

行きます!

参加者はまさに大ストライクゾーンって感じでしたよ。
で、ハイドパークもすごい面子っすね。
むらっち |  2005.06.25(土) 02:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://stagefright.blog5.fc2.com/tb.php/43-abdb1aa0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。