2005年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2005.10.19 (Wed)

さよならしまね

20051019142700
ブログを見るかぎり、研修中ずっとあそんでたんぢゃないか?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、まあそれもこれも勉強ですがね。というわけでそろそろ島根をあとにして大阪の研修場所にもどります。写真は安来駅前。お世話になりました~。
スポンサーサイト
14:27  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2005.10.16 (Sun)

鳥取名所巡り③

20051016160001
人知らぬビーチかと思ったら国立公園でした。超絶景ポイントです。
16:00  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2005.10.16 (Sun)

鳥取名所巡り②

20051016134800
知られざる日本の名浜、浦富にやってまいりました。磯の炭火焼きでカニと戦い、穏やかな日本海を満喫しました。
13:48  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.10.16 (Sun)

鳥取名所巡り

20051016114800
砂丘にて。砂丘では人は何かを書き残したい衝動にかられるのです。左下の男性はまさにいま「メグ大好き」と…
11:48  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.10.15 (Sat)

島根名所巡り⑤

20051015185410
境港市の水木しげるロードにて。猫娘こわすぎ。なにげない商店街に妖怪のブロンズ像がならんでるのですが、すっかり観光名所になってました。結構楽しかった。
18:54  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2005.10.15 (Sat)

島根名所巡り④

20051015143902
日本最大のしめ縄にお賽銭がささるといいことがあるそうで、みんな頑張って投げてました。僕も投げたら刺さらなかっただけでなく、人のお賽銭まで落ちてきました。
14:39  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.10.15 (Sat)

出雲名所巡り③

20051015143004
十月は神無月ですが八百万の神が出雲大社に集まってくるので、こちらでは神在月というらしい。しかも神さまたちは集まって縁結びの会議をするんだって。
14:30  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.10.15 (Sat)

島根名所巡り②

20051015135701
13:57  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.10.15 (Sat)

島根名所巡り①

20051015092101
お世話になっている安来市はどじょうすくいの町と公言しておられます。地元では日本酒に生きたどじょう入れて一緒に飲んじゃうらしい…
09:21  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.10.13 (Thu)

いましまね

20051013220602
鈴鹿の興奮もさめやらぬまま、島根に研修にやってまいりました。魚と空気がとってもおいしー。しばらくこの地で修業します。
22:06  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.10.06 (Thu)

ミニキターーー!

前のオーナーからの預かり物

つい先ほど、クーパーちゃんがついに自分のものに。
運転のほうはさながら格闘のよう・・・
いろんなとこに筋肉がつきそうです。

しかし車体は小さいのにパワーがあって、
意外にキビキビ動いてくれました。
4つのフォグランプが交互につくのがチャームポイントです。

さしづめ今日は初デートといったところでしょうか。
ミニクーパーさん、末永くよろしくお願いします。
22:35  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2005.10.03 (Mon)

ヨイトマケの唄

槇原敬之さんの新譜「Listen To The Music 2」を聞きました。
マッキーさん(親しみを込めて)の歌い方は
喉がビローンと開ききったかんじで気持ちがよい。
今回はカバー集ということで、洋楽邦楽、古今東西問わず
レパートリーを披露してくれています。

序盤の聞き所はエルトン・ジョンさんの「Your Song」。
ライナーノーツのなかでマッキーさんはこの歌の解釈をこう書いてます。

「僕は歌しか作れない、でも君にあげるのは歌がいいだろう。
もしその歌を君が気に入ってくれたら、今度、
君が誰か大事だと思う人に、「君の歌」として渡して良いんだよ」

そして歌ってそういうもんだ、と言っています。

そう考えると僕たちは実にたくさんの人から歌の贈り物をもらっているんだと
気づき、妙に感動してしまうのです。

そんなマッキーさんが歌う「君の歌」、
歌いまわしから、声の使い方からなにからとにかく最高です。
21:38  |  音楽  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。